株式会社エスイー工業FA装置・省力化機器の設計製作

Mechanical & control design, Machining, Assembly

メニュー

業務のご紹介

会社のご案内

10アンダー

Welcome

Update
2008/04/12
Since
2001/09/01
Today
2017/09/27

制御/配線のご紹介

新しい時代の制御

1980年代の成長期において、人件費の高騰からFA(Factory Automation)が進んだものの、お客様の生産工場の海外進出により1990年後半から弊社では、デスクトップの装置が多くなりました。

ところが最近は、人件費の低い海外へのシフトも一段落し、国内で大きな工場の建設が増え、地名がブランドになるようになりました。グローバル経済の中で競争するためには、生産技術が大きな競争力となることを、ものづくりをする多くの企業に認知されてきたということだと考えます。

画像センサー表示この流れの中においても電子機器の発展は著しく、レーザーセンサー、画像処理ユニット、シーケンサーなどの高性能機器の低価格化には目を見張るものがあります。そのため制御設計は、機械の動作だけにとどまらず、ネットワークを介して他の装置との連携、パソコンによるデータ処理など、より複雑になってまいりました。

弊社では、常に新しい制御機器の利用を心がけ、お客様の高いレベルのご要望に応えられるよう努力しております。

 

回路設計とソフトウェア開発

機器のコントロールユニットが高度化したことにより、回路の設計は、「制御する」から「安全に動作する」に移ってまいりました。納入される国ごとに安全規格もさまざま有り、弊社におきましても線材の規格から、安全のカテゴリクラスの対応まで行なっております。

プログラミング現在、制御の中心はシーケンサーのプログラムにかかってきてます。より複雑化した中で、割り込み処理、パルス出力、同時動作と順次動作、モード切替などをラダーでプログラミングしております。

コントロールユニットが高性能になったからでしょうか、以前よりはノイズによる位置ズレに苦しめられなくなったように感じます。しかし、設計段階ではノイズフィルタの選定、コントロールユニットの配置などに気を配っております。

その他、パソコンを利用したシステムでは、タッチパネルとデータベースを利用してサーバー・クライアントで動作する検査システム、Windows上で装置を動作させるためのプログラミング開発などを、シーケンサーとRS-232C接続を含めて行なっています。

 

より整然とした配線、環境対策へ

電装BOX配線は、回路が読めることが重要です。コストダウンと安全規格対応のため、正しく線材を使用しなければならないからです。また、電子機器の故障が半田付けの悪さにあったりするように、端子台のネジ締め、コネクタピンのカシメなどが原因で動作しないことがしばしばあります。線を繋げれば動いてしまうため、見落とされることが多いので注意をしなければなりません。

 

配線作業そしてそれらは、より整然とした配線に繋がります。整然とした配線は、機械の操作やメンテナンス、あるいは改造に際してより有効となるでしょう。

その他、環境対策の重要性が増していることもあり、RoHS対策として半田の鉛フリー化もしております。

出荷前には、漏電チェックなどチェックシートにて各作業の確認をしておりますので、安心してご利用下さい。

Copyright © 2000-2017 株式会社エスイー工業. All rights reserved.